読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フリーランスの休日

休日モードのカメラマン 写真の事を考えたり 考えなかったり

寒さに耐える

白鳥 北紀行 写真設定

  

 

f:id:pixt:20170323011632j:plain

 

 

風が強く、天候が不安定な日に撮った白鳥です。

体を丸めて厳しい寒風に震える、そんな姿です。

 

『寒さに耐える』

 

この写真を表現するのに、ぴったりな題名だと思い付けました。

 

 

 

 

 

 

でも違うんですね。

この子、寝ているだけなんです。

 

白鳥の北紀行。

 

そうなんです。

温かくなってくると、白鳥は寒い北へと帰って行くのです。

つまり白鳥は、寒いのが大好きなのです。

 

だからこの写真の題名としては

『寒さに耐える』

ではなく

『寒くて心地いいから寝るわ』

の方が、答えとして当たっているのでしょう (笑)

 

なんせ、あの極寒のシベリアへ帰るのですから、寒さに弱い訳がないのです。

 

 

バリバリに凍える冬の朝に『ねぐら』を覗いてみると、写真のように丸まって寄り添い合う白鳥の群れが見られます。

 

長い首を上手く背中に乗せて寝るので、一見すると白い団子の集まりのように見えるのです。

それが計ったように一列に並んでいる姿を見た時は、不謹慎にも笑ってしまいました

 

 

そんな寒さに強い白鳥ですが、ここ北海道ではたまに夏でも見かける事があるのです。

冬の間に羽に怪我をして、仲間と北へ帰れなくなった個体です。

可哀想ですが割りと目にするんですよ。

電線に引っ掛かったりするのでしょうね。

痛々しい事です。

 

また写真ではその大きさは解りませんが、これがかなり大きいのです。

翼を広げた白鳥は、大の大人が両手いっぱい広げたよりも、もっともっと大きいのです。

近くまで寄って撮影していると、羽ばたく度『ぶぁっさ、ぶぁっさ』という音と、風が吹きつけて来るのです。

 

撮影中は『自分は仲間だよ~』的な雰囲気を出して、驚かせないようにじっとしているのですが、この羽音の『ぶぁっさ、ぶぁっさ』が迫力があって、不意を突かれると時々怖くなったりします。

 

以前、野鳥の傷病手当てのセミナーを受けた事があるのですが、鳥獣保護区のレンジャーの方が言っておられました。

怪我をした白鳥を保護するのに、大人二人では抱えきれないと。

華麗な白鳥に見えますが、大白鳥になると約100キロ前後の体重になるらしいのです。

 

バレエで白鳥の湖を踊るプリマドンナと言えば、華奢で華麗な姿を想像しますが、実は100キロのプリマドンナなんですね。

想像すると笑いが……。

 

 

その関取のような体重で何日も飛び続けるのですから、白鳥の羽の力は半端ないのです。

白鳥が怒ると、人間なんか簡単にノックアウトしますから。

 

獰猛な鳥として海外では有名な白鳥です。

もし、小さなお子さんを連れて白鳥の側に行く場合、お父さんお母さんは気を付けて下さいね。

 

大抵の場合、白鳥も常時イラついている訳ではありませんので、そうそう心配はないのですけれど。

 

そろそろ白鳥の北紀行が始まります。

今年は殆ど会えなかったのが残念ですが、何とか一度くらい今年の白鳥の写真を載せれればと思っています。

 

 

 

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★

 

 

 

ところで話しはガラッと変わるのですが、はてブロの設定に詳しい方に質問です。

 

このブログに載せる写真の大きさの変更はどこでやったら良いのでしょう?

写真をスマホのアプリで縮小してUPするとピンボケになりがちなのです。

パソコンでしたら『見たまま編集』で、ここに載せた写真をタップして縮小出来るみたいなのですが、スマホだと動くので縮小出来ないのです。

 

スマホの速度規制がなければ色々と調べられるかも、なのですが、余りに速度が遅過ぎて時間が掛かってお手上げ状態です。

 

フォトライフから長さを800から500に変更してみたのですが全く変わりません。

 

横位置の写真ならまだ見られる大きさなのですが、縦位置だとPCで表示される大きさにビックリです。

そこまで大きくなくていいから!と焦ります。 

 

縦位置の写真を、何とか小さく出来る設定方法を教えて下さいませ。

宜しくお願いします。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ランキングに参加しています。

応援して頂けたらとても嬉しいです。

宜しくお願いします。

これから

白鳥 写真
 
三連休が終わり、明けの火曜日は全国的に雨みたいですね。
連休中の雨よりは良いのですが、働き始めの雨は何となく気が沈みます。
 
 
自分も昨日ようやく休みが取れて、早速白鳥を撮りに湖に…
 
行く気にもなりませんでした。
家でグッタリです (笑)
 
 
白鳥が気になっていますが、まだ暫くは行けそうにないので、昨年の写真をUPします。
 
天気が良ければ、空と湖と白鳥の絶妙なコントラストが見れるのです。
そこに渡りの雁の群れが加われば、言うことなしなんですけどね。

f:id:pixt:20170321161407j:plain

 
 
 
 
 
 
 
 

慌ただしい

北海道 ブログ更新 ホットラテ 7-11

 

巷では3連休とか。

天気が良ければ最高の行楽日和になるのでしょうね。

 

自分は今週半ばから卒園式や卒業式、ホールでの撮影と、何だかんだ、ああだこうだで、休みなしで走り回っております。

ブログ更新が滞っていて、それが気掛かりですが、更新は…まだ少し先になりそうです。

 

前回も書きましたが、とうとうスマホのGに制限かかってしまい、動作の遅いことに少々イラついています。

ストレス発散の為のブログサーフィンが、あまりの遅さにかえってストレスが溜まる気がします (笑)

 

ですが皆さんのブログは出来るだけ目を通しております。

楽しみと、息抜きと、ブログ更新への活力ですから。

 

このままいけば三連休の最後の日くらいは時間が取れそうなので、記事は後日ゆっくりと更新したいと思います。

 

自分の仕事は緊急要員みたいなものなので、突然呼ばれる事が少なくないのです。

予定らしい予定が立てれないのが切ない。

冬の間に暇が続いていたので、仕事の話が入るだけでも有難い事なのですけれど。

 

今日も wi-fi を求めて『7―11』を探しながら、車を走らせる自分です。

 

 

ここで一言

 

 

セブンのホットラテは実に美味しい (笑)

 

 

北海道は今日もまた、雪が舞っています。

 

 

f:id:pixt:20170318124819j:plain

 

 

 

 

 

損をしない為の話しと、得をするかもの話し

アフィリエイト 携帯料金 Googleアドセンス A8.net

 

f:id:pixt:20170314023004j:plain

 

はてなブログを始めて17日で3ヶ月になります。

 

スマホからの記事投稿、写真投稿、皆さんのブログの訪問等々、3ヶ月前とは1日の時間の使い方がかなり変わりました。

 

空いている時間は『ネットサーフィン』しています。

いやいや、勉強させて頂いています。

3ヶ月前には知らなかった『SEO』の意味もジンワリ解るようになって来ましたから。

 

大人になったなぁ。

いや、若くなったなぁ。

いやいや、先進的になったなぁ。

 

などとほのぼのしている時メールが来ました。

docomoからです。

 

 

『今月、あと1Gで規制がかかります』

 

 

oh~⤵

まだ月の半分も行ってないのにか。。。

 

そう言えば、時間があればあるだけスマホを使っていたからなぁ。

 

docomoのパケット量を見直した方がいいと昨夜、ネットで契約内容を変更していたのです。

 

そこで愕然としました。

1年前に契約したパケットパックがなくなっていたのです。

 

データLパックと言うもので契約していたのですが、(1ヶ月7236円で8G使用可) プランが無くなっていたのです。

 

新しいプランで1ヶ月6480円で20Gまで使える、ウルトラLパックなるものがあるではないですか。

 

ため息です。

無駄にGを節制して高い料金を払っていたのですから。

 8Gより安く、20Gも使えるなんて。

もの凄く損をした気分です。

いや、損をしていたのですが。

 

今回契約内容を読んでいて、docomoの使用年数があと2ヶ月で4年になり、基本料金を更に割引き出来るプランもあると知りました。

これも、気付かなければそのままの料金で払い続けていたでしょう。 

 

皆さん。

携帯、ネット契約は、こまめに確認した方がいいですよ。

知らない間にこんな事になっていたりしますから。

携帯会社も色々と料金プランを変更してきますから、1年どころか半年だって放っておけません。

チェックしておかないと本当に損をします。

 

 

あぁ。

光を通してwi-fi 使いたい。

色々あって使えないのが辛いところです。

 

 

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★

 

 

 

突然Googleアドセンスでの話しになります。

ブログを書いていて、一番使い勝手がいいのは、やはりGoogleだと思います。

商品の紹介だけでなく、地図や情報なども載せられるのですから。

自分も簡単にGoogleアドセンス、通ると思っていました。

 

ところが昨年から、徐々に審査基準が厳しくなり、とうとう指定のURL (Googleのブログ?) と個別のURLでしか登録申請出来なくなったそうです。

これは自分には痛い。

 

なのでGoogleがダメならと、改めてAmazonに申請をしたのですが、2回目も却下されました。

 

何となく思う却下理由ですが、イルミネーションでの拾い画が著作権に引っかかるのではと思うのです。

 『今日一番笑った画像』も、友人が送ってくれた拾い画ですし、この辺りが却下理由なのでしょう。

 

それ以外の理由で思い当たるのは、1回の投稿文字数が少ないとか、見た目が悪いとか、人の為になる記事じゃないとか。

(書いていて落ち込むわ…)

 

それ以外の理由が見つかりません。

自分の記事はアダルト要素は皆無だし、誰かを傷つけるものではないと思うのです。

 

なので唯一、アドセンスいいよと言ってくれた『A8.net』でコツコツ頑張ります。

 

自分のように、なかなか申請許可が下りないブロガーさん『A8.net』は良いですよ。

紹介物件は選べるほどありますし、何より安心出来る企業さんがたくさんあります。

 

スポーツ用品の『MIZUNO』さんや、ダイエットで名を馳せた『タニタ食堂』さん、旅行関係ならば『JTB』さんや、各航空会社、等々、選び甲斐があると思います。

 

ブログに載せたい方にお勧めします。

GoogleやAmazonのように審査はありません。

自分にも使わせて頂いてるくらいですから。

 

気になる方は覗いてみて下さい。

 

 

その中でも自分のお勧めは、これ。

食べ物です(笑)

小樽のケーキ屋さん『ルタオ』のチーズケーキ『ルーブル フロマージュ』。

北海道のチーズケーキでは、スナッフルズと並ぶ人気のチーズケーキです。

美味しいんですよ、これ。本当に。

口の中で溶けて、後からチーズの香りで満たされます。

千円台で買えるのも嬉しい。

 

 

北海道シリーズが続きます。

北海道のジンギスカンと言えば、今では色々な町で製品化されていますが、昔は本当、これしかありませんでした。

♪ま、ま、松尾のジンギスカンは~

道産子なら歌える、老舗中の老舗のジンギスカンです。

 ↓

 

 

北海道の美味しいシリーズ、お米編です。

以前は「きらら397」が有名でしたが、改良を重ね、今では「ななつぼし」「ゆめぴりか」「ふっくりんこ」と並んで評価が高いのが「おぼろづき」です。

これは地元北海道でも人気が高い品種です。

 

 

さて北海道のくだものの王様、夕張メロン。

財政破綻した夕張市。再建の為にも、たくさん夕張メロンを食べて下さいませ。

 

 

 

こちらは加工品ですね。

特に人気のあるものを揃えたそうです。

海産物、農産物、お好みのものを探して下さい。

 

 

こんな感じで特集も組めますし、気になる物件を徹底的に紹介するのもいいと思います。

 

ネット関連など、様々な物件がありますので、気になる方は『A8.net』でアフィリエイトを始めて下さい。

 

Googleアドセンスが取得出来ない…との嘆いていらっしゃる方もおられましたので、紹介させて頂きました。

 

 

 

6年前の今日

写真 撮影 カメラ 東日本大震災 PTSD

 

『東日本大震災』に関わる記事になります。

読みたくない方もいらっしゃると思います。心が重くなる方は、どうぞスルーして下さい。

 

 

6年前の1月に自分の父は亡くなりました。

父の葬儀に飛んで来てくれた姉一家。

父の事業の廃業手続きの為、姉だけ母の家に残り、一週間の間あちこちと自分と一緒に走り回ってくれました。

全ての手続きを終わらせ、母の健康を気遣いながら、姉は家族の待つ仙台へと帰って行ったのです。

 

そして2ヶ月後の3月11日、大きな揺れが日本列島を駆け抜けました。

 

あ、最初に言っておきます。

姉も姉一家も、みんな無事です。はい。

有難いことに、本当に申し訳ないくらい幸運な事に、姉一家は助かりました。

 

東日本大震災。

大きな揺れがあった時、自分は車の中にいました。

駐車場に車を入れた所で揺れがおきたのです。

 

 

すぐにラジオをつけました。

震源地は東北沖との事、聞き終わる前に姉の携帯に電話をしました。

電話に出た姉の声は震えていました。

姪っ子達は卒業式でまだ戻っていないとの事、その話しの最中にまた揺れが来たのです。

ガラスに近寄らない様にと告げたのが、その日最後の電話で、後は何度掛けても通じる事はありませんでした。

 

母の家に行き、徐々に酷くなる報道を見ながら二人して無言になっていきます。

良くない事ばかりが頭に浮かんでは、強く否定する。

そんな事を繰り返していました。

父を亡くしたばかりの母を、勇気づけられるのは自分しかいません。

ありったけの言葉を駆使して極力明るくしていました。

 

姉と連絡が取れなくなって3日が経ちました。

ネットで緊急用の『探しています』の掲示板に、情報を求めたりもしました。

 

そして4日目の午後、義兄の実家から、全員無事との知らせが入ったと連絡を受けました。

 

長かった。

 

数ヶ月に感じたほどの時間の長さでした。

 

母はやっと心からの笑顔を見せてくれました。

自分は…

 

自分は何故かトイレに入り、声を殺して泣いていました。

わんわん泣く。子供の頃以来の泣き方でした。

母に気付かれないように声だけは押し殺して泣き続けました。

 

 

そしてそこから自分の心の問題が始まったのです。

 

写真が撮れなくなってしまったのです。

 

社員としての契約などない、何の保証もないフリーになった自分なので、写真が撮れなくなったら即、死活問題です。

 

ファインダーを覗くと恐ろしいまでの脱力感と無気力感に襲われました。

いつも頭の中に『こんな事が何の役にたつのだろう』との言葉がぐるぐる周り、とうとう撮るという意欲さえなくなってしまったのです。

 

愛する人達と死別した方がたくさんいらっしゃって、その中でも自分の姉一家は幸いにも全員無事で…

 

こんなに有難いはずなのに、自分がおかしくなってしまったのです。

 

今思い返しても、本当に恐い。

どす黒いモヤが自分の中に渦巻いて、仕事と割りきって挑んでも、気持ちは完全にスイッチがオフになっていました。

 

みんな生きるのに必死だった時でした。

助け合って、分け合って、そうして頑張っているのに、自分だけ頑張れなくなっていたのです。

 

だって自分が写真を撮ったから、どうなの?

自分が写真を撮る意味は?

こんな事が何になる?

 

自分の仕事が誰か人の為になるとは思えなくて、ポンコツになってしまいました。

 

写真の専門学校の時、19歳の時に自分は報道関係には向かないと悟っていたので、今必死で生きている人にカメラを向ける事は出来ないと解っていました。

例えば秋葉原の通り魔殺人事件のような場面に出くわしても、そこにいつも使っているカメラがあったとしても、悲惨な現場は撮らない。

撮らない自信だけはありました。

 

だから余計なんでしょう。

きれい事ばかり撮る事に意味を見出だせなくなったのは。

 

大人だから、仕事だから、撮影しました。

でも、自分の写真ではなかったのです。

その時に撮った写真は、被写体の方々には本当に申し訳なかったのですが、今でも見るのが苦痛です。

 

あれがPTSDなのか、ただ単に自分の気持ちが弱くて影響を受けただけなのか、今でも良く解りません。

 

ですが6年の歳月を経て今では、この瞬間は二度とない。

今しか撮れないんだと自分自身に言い聞かせて撮影しています。

小さい子どもさんの写真などは特に、この子が大人になった時に、いい写真だなぁと思って貰えるように、以前よりも気を配って撮るようにしています。

それしか自分の存在価値がないのだから、必死で撮らなきゃ…と思うのです。

 

 

震災の日が近付いてくると自然とその話しが増え、先日お話しさせて頂いたサラリーマンの方は自分と同じような経験を話してくれました。

震災の後、やっている仕事が人の為になっていると思えなくなって転職したと。

 

いらない仕事などない。

いらないものなら自然に淘汰され無くなっていく。

残っている仕事は、必ずどこかで誰かの役にたっていると、その時に偉そうに話させて頂いた訳なのです。

 

3.11になると毎年気持ちが沈みますが、今生きている人達が動いて経済を回さなければ、被災された方々にも回らない。

動くなら、どうせ動くなら、回りの人に不快感を与えないように、笑って元気にしなくては。

落ち込む時にこそ、写真を撮らなくては。

そう思うのです。

 

 

 

 

因みにポンコツになった自分が『写真ってやっぱり面白い』と思ったキッカケになってくれたのは…

 

 

 

 

 

実家のにゃん子さん達でした。

 

何か…

 

生き物バンザイ…ってオチですみません (笑)

 

f:id:pixt:20170311183903j:plain

 

 

 

f:id:pixt:20170311194913j:plain

 

 

 

 

 

 

 

春を待つ

春待ち 木々 撮影

 

そろそろ湖の氷も溶けてきて、白鳥の撮影には良い時期になりました。

渡りの雁の群れも絵になりますし、少々天気は曇りがちではありましたが、下見がてら行って来ました。

 

なんですけど…

 

f:id:pixt:20170310012548j:plain

 

白鳥、どこにも居ません。

あれぇ~…

完全にタイミング外しましたね。

 

青い空と青い湖で、白い羽を羽ばたかせる白鳥の美しさは、次回に持ち越しのようです。

  

f:id:pixt:20170310012840j:plain

 

鷺を見つけてカメラを向けた途端、逃げられました (汗) 

 

今日は全てが空回りです。

 

気合いが足りなかったか。

  

 

f:id:pixt:20170310012944j:plain

 

どんより曇った空と、枯れ木のコラボ。

北海道の春はまだ先のようです。

 

こんな時は、春待ちの木々の写真を撮って、大人しく帰る事にします。

 

 

 

 

 

 

千歳線 美々駅 (びびえき)

北海道 JR 千歳線 美々駅 廃線

 

現在、北海道内にあるJRの全435駅の内、1日の乗車人数が1人以下の駅が51駅近くあるらしいのです。

JR北海道はその中の10駅ほどの廃止を決定しました。

 

今年3月に廃止される10駅とは

千歳線・・美々駅

函館本線・・東山駅、姫川駅、桂川駅、北豊津駅、蕨岱駅

根室本線・・島ノ下駅、稲士別駅、上厚内駅

釧網線・五十石駅

 

 

冬のエゾシカの撮影をしようとして、寒さに挫折したその日に、ふと思い立って千歳線美々駅に行ってみることにしました。

 

報道によると、その前の土日が一番の人出だったらしく、廃線を惜しみながら写真を撮る多くの人の姿が見られたとか。

自分が訪れた日は、最終日のセレモニーが行われる前日だった事もあって、カメラを持った人もまばらでした。

 

 

f:id:pixt:20170306032027j:plain

 

千歳線美々駅はJR千歳線の中でも「秘境」と言われている無人駅です。

周りには売店どころか、民家がたった1件あるだけなのです。

 

1926年 (大正15年) に 現在の千歳線開業に伴い 同日に美々駅は設置されました。

開駅当時は人通りの多かった美々駅ですが、昨今では1日平均の利用者数は1人から0人。

 

f:id:pixt:20170307005839j:plain


とは言え、美々駅の近くには千歳空港があり、撮影できるポイントまでそれほど離れておらず、いわゆる歩いて撮影に行ける駅として航空写真ファンには人気だったようです。

航空機の迫力ある写真が撮れると口コミで広がった『生コンポイント』と言われる場所に行けなくなると、悲しむ航空ファンは少なくないと聞きます。

 

自分は『撮り鉄』でも『乗り鉄』でも、航空写真ファンでもないのですが、今あるこの駅がなくなると思うと、やはり一抹の寂しさを覚えます。

 

錆びた看板、雨ざらしの信号機、それらが刻んできた長い年月を思うと、勿体ないなと改めて思うのです。  

せめて最後のセレモニーは、賑やかに幕を引いて欲しい、そう思います。

 

廃線に追い込まれる駅が、北海道にはまだまだあります。

 

赤字路線、人口減少、利用客の激減、様々な理由はあると思うのですが、新幹線の黒字期待のその裏に、こんな寂しい別れもある事を忘れてはいけないと思うのです。

 

 

f:id:pixt:20170306032543j:plain