読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フリーランスの休日

休日モードのカメラマン 写真の事を考えたり 考えなかったり

写真投稿の方法

 

カメラのメモリカードはカメラごとにそのサイズは違っており、自分がよく使う Nikon のカメラなら CF サイズで、 Nikon の D5100 や Canon の 50D や 7000 ならSDサイズと、使うカメラによってカードのサイズも違ってきます。

 

仕事では、撮影後のメディア渡しが当たり前になっています。

撮ったらそのままスタジオへ渡して終わりです。

 

個人で撮影した画像は、メディアと、メディアから焼き増ししたDVDのダブルで保存をしています。

 

皆さんはどのようにしてブログを投稿しているのでしょう。

やはりパソコンからが一番多いのでしょうか。

 

自分は主にスマホから投稿しているので、パソコンから画像を探して投稿するよりも、もっと簡単にメモリカードから直接スマホに画像を取り込めないか考えていました。

 

探せばありますね。

UBSカードリーダーと言うものが。

CF、SD、microSD と、カードサイズを選ばずに読み込める優れモノです。

 

f:id:pixt:20170224060845j:plain

 

最近ではスマホの microSDカードを差し込み、そのままCFサイズに変換出来るアダプターまであります。

 

f:id:pixt:20170224060635j:plain

 

どちらもヨドバシカメラでお手頃な値段で販売しています。

 

 

最初は変換アダプタを使っていたのですが、なにせ microSD カードは取り扱いに神経を使います。

小さいだけに落として傷でもつけたら最悪です。

なので結局、マルチリーダーを使う事にしました。

 

 

順調に読み込みが出来ていたのですが、ある時にプッツリと読み込めなくなりました。

原因は不明。

多分どこかで手順を間違えて、スマホかマルチリーダーにトラブルが起きたと思うのです。

 

スマホの「UBS機器を検出」を押すとマルチリーダーの電源が入るので、完全にイカれた訳ではないように思うのですが、結局、スマホアプリのどのファイルを使っても撮影した画像を開く事は出来ませんでした。

 

ならば。 

奥の手しかない。

  

あまりいじりたくはないのですが、スマホの「開発者オプション」を強制的に開き、UBSデバッグを操作する事にしました。 

(末端情報を8回ほど連打すると『開発者オプション』が出てきて操作出来るのです)  

大抵はこれで反応するはずなのですが、結局読み込みは出来ませんでした。

となればマルチリーダーに問題ありなので、また新しく購入するしかなさそうです。

 

☆★☆★☆★

 

必要あるか解りませんが、UBSカードリーダーを、スマホで強制的に繋ぐ方法を書いておきますね。

誰かのお役に立てれば幸いです。

 

 

 

まずスマホの設定を開きます。

歯車マークみたいなのですね。

バッテリー使用量とか、Wi-Fiの切り替えなどがある所です。

そのページを下にスライドして、一番下まで行きます。

そこに『末端情報』がありますので、それをタップ。

次のページも一番下まで行くと『ビルド番号』と出ますので、これを7~8回、タタタタ…とタップします。

すると先ほどの『末端情報』のすぐ上に『開発者向けオプション』が表示されます。

ここをタップし『UBSデバック』と『UBS経由のアプリを確認』の2ヶ所にチェックを入れます。

 

スマホのファイルアプリ(自分はYahoo使用)を開くと、今まで反応していなかった『UBSメモリを認識』して外部デバイスファイルが出て来ます。

 

そして、ここが多分、自分が失敗した所だと思うのですが、UBSを外す時に特に気を付けて下さい。

 

そうです。

順番を間違えると困った事になりますので。

 

UBSを外す際は『設定』→『ストレージ』→『UBSストレージのマウント解除』を順番通りに選んでから、変換アダプターからUBSメモリを取り外します。

前回、上の手順をどこかで間違えて、使えなくなってしまったと思うのです。

 

開発者の権限を利用するので、出来れば色々なトラブルを避ける為にも、この方法は最後の最後に試して下さいね。

何か問題が起きても、後はSHOPでしか対応出来なくなりますので。

 

取り敢えず、デバイス関係のプチ情報でした。

  

 

 

 

ブログランキング、おかげ様で半分より上に来れました。

心象風景は11位です。

皆様のご協力に感謝です。

ポチ押しが2箇所に増えて恐縮ですが、引き続きご協力頂ければ、きっと風邪も良くなると思います(笑)

宜しくお願い致します。

m(__)m✨