読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フリーランスの休日

休日モードにつき 写真の事を考えたり 考えなかったり

アニメ 鬼平犯科帳


前回に続き『鬼平犯科帳』です。

前回は時代劇の説明に熱くなってしまい、深夜に見たアニメの話しをするのを、すっかり忘れていました。

こちらがアニメ版の鬼平です。


f:id:pixt:20170301000036j:plain


f:id:pixt:20170301001329j:plain


鬼平の誕生から50年を迎え、アニメとして帰って来た『鬼平犯科帳』の長谷川平蔵です。

プロデューサーは映画「時をかける少女」や「サマーウォーズ」などを発表した丸山政雄さん。

おおっ!
あのサマーウォーズを手掛けた人です。
監督、キャラクターデザインは OVA 「ルパン三世 GREEN vs RED」の宮繁之さん。

おぉぉ!
ご本人は分かりませんが、作品名を聞いて一気にテンションが上がりました。


このアニメ、作り手の方々が、時代劇の鬼平の雰囲気を壊さぬよう、丁寧に作っているのが伝わってくる作品なのです。

何て言ってもエンディングで泣かされましたから。

時代劇でのジプシー・キングスの『インビテーション』が強くイメージとして残っている為、あまり期待はしていなかったのですが、良い意味で裏切られました。

歌は由紀さおりさんの「そして…生きなさい」。
ジャズ風の曲で、しっとりと歌われています。

そしてエンディングの絵がまた、時代劇のイメージを壊さないように、四季折々の江戸の町を綺麗に丁寧に描き上げているのです。

茅葺き屋根の民家。
柔らかい日差しに揺れる野の草。

ずっと見ていたいと思うほど叙情的な風景でした。

深夜という時間帯ですが、もし宜しければ是非見て下さい。

…って、言う自分もまだ1回しか見てないのですが (笑)



☆ ★ ☆ ★ ☆ ★


皆さん

いつも☆を付けて下さったり、ブクマをclickして頂いたり、本当にありがとうございます。

読んで頂いて、その上「見てるよ👍」の☆に、どれほど励まされているか。
気持ちが温かく、本当に嬉しく思っております。

ご興味のない話題もあるかと思います。
そんな時は華麗にスルーして頂いて構いませんので。

立ち寄って下さる方、おひとりおひとりに、心からの感謝を伝えさせて頂きます。


pix.t