読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フリーランスの休日

休日モードのカメラマン 写真の事を考えたり 考えなかったり

遠い日の 横浜 ~ 何の役にも立たないダラダラ思い出日記


沖縄へ行って海に潜って来ました。 

 

 

f:id:pixt:20170417011723j:plain

 

f:id:pixt:20170417011649j:plain

 

f:id:pixt:20170417011752j:plain

 

 

はい嘘です。

水槽の写真です。 

嘘はいけませんね。

すみません。

 

だったらいいなぁ~、と言う希望的発言でした (笑)

 

 


ブログ友の Ezogeek さんの「横浜」の写真を見ていて色々と思い出したので、今回はその話しをしたいと思います。

 

かれこれもう15年以上前になるのですが、初めて横浜へ行った時の話しです。

 

専門学校時代の友人が東京でスタジオを開いていたので、友人に会う事と、東京から横浜を一人旅をするのが目的でした。

 

新宿にホテルをとり、通勤ラッシュを逆方向に歩くというアホな事をしてしまい、駅の中で迷子になった悲しいオマケもつきましたけど (笑)

 

東京初日は、どうしても行きたかった『写真美術館』へ。


常設なのか、たまたまその時に特別展示だったのか、展示されていたのは『土門拳』さんの写真でした。


圧倒されました。

当たり前の話しですが、写真集で見るのとは格段に違う迫力に、鳥肌が立ちまくりでした。

 

土門さんの話しをすると延々と書きそうなので、ここははしょりますが、土門さんの逸話を聞いていたので、写真集では得られない貴重な体験をさせて貰ったのです。



夜になり、友人と待ち合わせをした渋谷のハチ公前へ。

なぜハチ公前か。

土地勘のない自分にも分かりやすいだろうと、友人の気配りだったと思います。


ですが…

ここでも人に紛れてしまいまして。

さすがに首都。

人、多過ぎです (笑)

携帯で友人と連絡をとったのですが、二人とも約束の時間前に着いていたのに会えませんでした。

『今、ハチ公のどの辺り?』

『ハチ公の右前足の方向』

『あ、俺、尻尾だったわ』

などと厄介なやり取りをして、ようやく友人と再会出来たのです。

あれだけ人が居たら、待ち合わせもひと苦労ですね。

 

 

そして翌日、地図を見ながら一人で横浜へ。

東横線を伊勢佐木で降り、朝食をとる為にマクドナルドへ。

 

そこでまたまた貴重な体験をしまして。

テーブル席でハンバーガーを黙々と食べていると、店員さんが

『すみません。相席、いいですか?』と。

 

札幌でもラーメン屋とかではたまにありますが、まさかマクドナルドで相席とは。

これまた驚きでした。

 

テーブルの向かいに座ったのは、品の良いご婦人でした。

こう言う時、何か話した方が良いのかな?

と考えていると、そのご婦人は微笑んで

『ご旅行ですか?』

と聞かれました。

 

自分の足元にはアルミのカメラバッグと三脚があったからです。

 

『はい。撮影旅行です』

『どちらからですか?』

『北海道です』

 

ご婦人のリードで上手く会話が出来ました。

横浜のマダムは流石にスマートです。

 

『横浜はどちらへ?』

『元町を散策してから山下公園へ行こうと思っています』

『あら』

 

横浜マダムは楽しそうに、山下公園へ行くのなら水上バスがある事、何分おきに出航する事などを教えて下さり、自分が丁寧にお礼を言って立ち去ろうとすると

『よい旅行にして下さいね』

と、南フランスはプロヴァンス地方の爽やかな風のようにおっしゃられました。

 

はい。

これだけで自分、横浜が好きになりました。

単純ですけど (笑)

 

そこから順序が曖昧なのですが…

横浜中華街でヤシの実を片手に春巻きを食べ歩き、元町で街並みを楽しみ、横浜スタジアム前で対戦予定を確認し、それからマダムに教えて頂いた水上バス山下公園へ行きました。

 

ここでやっと写真、撮りました。

氷川丸を (笑)

 

そこからなぜか高級住宅街へ迷い込み、道行く人に聞いて山下公園に戻って来たという時間のロスをしてしまったのですが、それもまた旅行の楽しい所。

 

ハードロックカフェのギターを写真に撮ったり (ただの観光客) 、船底みたいな演劇場で休憩したり、本当、楽しかった。

 

ここまで写真に撮ったのは、氷川丸ハードロックカフェのギターだけと言う (笑)

 

赤レンガ倉庫に行ってみたのですが、その時は改装中で、残念ながら写真は撮れませんでした。

 

観覧車とコンチネンタルホテルが上手く収まる所で写真を撮りましたが、思い返せば、よくある写真だったなと。

 

その旅行で一番気に入った写真は、カフェの前に置かれていた『観葉植物の葉』でした。

これが翌年の年賀状の写真になったのです。

 

 

今はネットで地方でも仕事が出来る時代になりましたが、やはり首都圏は良いなと思いました。

 

美術館、博物館などの展示物は、やはり地方では考えられないられないくらい充実しています。

自分が東京に居たら毎週通っていると思います。

多分ですが。

 

でも、新宿駅で人酔いをしてトイレで吐いた事を考えれば、やっぱり自分には北海道が丁度いいんでしょうね。

 

『写真の専門学校は東京に行きたい』

そう言った自分に、父は

『北海道内ならどこでもいいが、東京はダメ』

と言われたので、何となくですが、未だに東京には燃えカスのような気持ちが残っているのかもしれません。

遠い昔の話しなので、今はそうでもないんですけどね。


あぁ。

また横浜に行きたいな。

 

横浜に行く機会があれば、今度こそ気合いを入れて写真、撮って来ますとも (笑)

 

 

Ezogeekさん。

横浜の夜景の写真、綺麗でしたよ。

今回、お名前を勝手に使わせて頂いて、すみませんでした。

 

お陰様で、写真を撮りたい気持ちに拍車がかかりました。

 

有り難うございます。